読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしが世界をかえる

暇なんで世界をかえてみようと思う

雇用問題とはなんだろう?個人でできる解決策とか

以前行った「あなたが解決してほしい世界の社会問題を選んでください」というアンケートで1位になった雇用だが、社会問題で言うところの雇用問題とはなんだろうか?

以前のアンケートについては以下の記事が詳しいです。

 

 

さて、雇用問題に話を戻そう。

 

  • どこぞのヨーロッパの若年層の雇用が悪化している
  • これからは新興国など賃金が安い地域の雇用と戦っていかなければならない
  • 機械・テクノロジーに仕事を奪われる
  • 雇用されても、非正規雇用フリーターなども増えている

 

というのをニュースで聞いたことがあるかもしれない。

これらをまとめると以下の2点になると思う。

 

  • 働きたいのに働けない問題
  • 働いているが低賃金で働かなければならない問題

 

これらが社会問題でいうところの雇用問題だと思う。

 

雇用問題について解決策はいろいろあると思うが、個人レベルでできる一番簡単なことは、「雇用問題について考えること」ではないだろうか。

 

くだらないバラエティとか、ゲームとか、だらだら酒飲んでる暇があったら1分でも多くこのような問題について考えるべきだと思う。

そういうきっかけにこのブログがなればうれしい。

 

考えたなら、話題にあげたり、ネットでシェアしたりすると楽しいはず。

俺の経験をシェアしたいと思う。

俺の経験について

実は俺はニートを経験している。

はっきり言ってニートって最高に楽しい!!!(最初の2,3ヶ月に限る!)

2,3ヶ月もするといつまでもニートを続けていられないという現実を叩きつけられる。

 

「あと、半年くらいで貯金がなくなる・・・」

「1年もニートしていたやつを社会は受け入れてくれるだろうか?」

ニートとか恥ずかしいし、友達の集まりにも顔を出しにくい。。」

こんな感情が出てくる。

 

俺もそういう状況に陥ったが、現在は幸いにも正社員で雇用されている。

 

職業訓練や雇用保険には助けられた。

職業訓練でプログラミングを学び、本職やアフィリエイトにも活かすことができている。

 

職を探す際には求人広告・求人サイト・ハローワークなどのお世話にもなった。

こういう雇用の問題を解決してくれているサービスはありがたい。

 

と同時に無駄が多いとも感じた。

 

  • 面接時にハローワークの求人に書いてる内容と違うことを言い出すブラック企業
  • IT専門求人サイト!とか書いてあるのにいきなり製造業の会社とか出てくるサイト
  • オカネをもらうためだけに職業訓練に参加してるやつ

 

こんな無駄があると感じながらもニート生活をしていた。 

これらの無駄を解消するような画期的なサービスを作れたらと思うが、アイデアも技術も仲間もいない。

 

今の俺にあるものといえば、多少の余裕資金と時間である。

 

ちょっと前までの俺だったら、オカネと時間は自分のためだけに使っていたはずだ。

雇用に恵まれない人を見ても、

  • 俺はリスクとって、自分の生命時間を使ってカネを稼いでるんだからお前らも努力しろやボケ
  • 俺は努力してニートから職見つけたんやから、お前らも頑張れや。あまえんなよボケ
  • 俺はみんなが遊んでる時も勉強やって、苦労してきたんだから今の稼ぎがあるんだよボケ

と思っていたに違いない。

でも、そんな俺は

 

  • 雇用保険を払ってる社会人
  • 税金をたくさん払ってるオカネ持ち
  • 求人サイトを運営している人、ハローワークの人

 

とかたくさんの人に助けられてたわけなんだよね。

俺が努力とか勉強とかできてるのはいろんな人の助けがあってこそ。

 

「お前が悪いんだよボケ」

という考え方を改めたいと思う。

 

俺は、このブログのアンケートだったり、副業のアフィリエイトクラウドソーシングを積極的に使っている。

 

正直、余裕で赤字だが、フリーターとかニートとかの小遣いになればいいと思っている。また、技術のある人や主婦の隙間時間とかの活用にもなっていると思っている。

赤字を解消できれば税金を払うこともできる。

 

俺自身がもっと稼げて、もっと発注できたらいいとは思ってるんだけど、うまく使いこなせてないのが現状。個人としてはこのあたりが課題だ。

 

個人の課題と社会の課題の解消が合致していたり、社会の問題を自分の問題としてとらえられたりしていったらもっと良い世の中になると思う今日この頃。

 

微力ながらこのブログ等でそんな活動をはじめているところである。

この記事が雇用に対する問題や、オカネや時間の使い方を考えるきっかけになればうれしい。